今週 の レ シ ピ

●とんかつ

とんかつ [材料]  -2人分-

豚肉背ロース2枚(1枚160〜180g)
  塩小さじ2/3
  コショウ少々
◎A
  小麦粉適宜
  卵1個
  パン粉適宜
揚げ油適宜
◎付け合わせ
  キャベツ200g
  トマト・キュウリなど適宜
◎ソース
  好みのとんかつ用ソース
  辛子

[作り方]

  1. 豚肉はすじ切りをして、肉たたきでしっかりとたたく。
  2. もとの大きさまでもどして、形を整える。
  3. 塩・コショウで下味をつけ、10〜15分おく。
  4. 小麦粉、卵、パン粉の順に肉にまぶし、10〜15分おく。
  5. 揚げ油を170℃に熱し、中火より少し強火で2分揚げ、かえして2分、火を弱くして1分揚げる。
  6. 油が落ち着いたら、2〜2,5p幅に切って皿に盛る。
  7. 付け合わせにキャベツの千切りをたっぷり盛り、トマトやキュウリを添えても良い。
  8. 好みのとんかつ用のソース、辛子などをつけながらいただく。


ポイントはここ


ちょっと一言

  • 「かつ丼」と聞けば・・・山梨ではどんぶりごはんの上にとんかつを食べやすく切ってのせ、付け合わせのキャベツものっています。それにウスターソースをかけて、いただく物なのです!!
    小学生のころ、父の故郷(埼玉県秩父郡)へ夏休みに行ったときのこと。伯父さんの家に行くバスを待つ間、食堂で昼ご飯を食べました。私は「かつ丼」を注文。出てきた丼の蓋を開けて、びっくり!!「かつ丼」を頼んだのに、「煮かつ丼」が出てきたのですから・・・つまり、玉ねぎといっしょにかつを煮て、玉子とじにしたものがごはんにのってきたのです。山梨ではこれはかつ丼ではないのです。「煮かつ丼」というのです。
    かれこれ30年以上前、ラジオだったかテレビだったか、「なぜかつ丼と煮かつ丼があるのか?」という取材を受けたことがありました。いろんな説があることを調べたのですが、そのひとつ、甲府の蕎麦屋さんが東京に行って、「洋食屋さん」でとんかつを食べ、おいしいから、店で出そうと思ったけど、肉皿がなかったので、「丼」に全部をのせてだした・・・ちょっと納得したことを覚えています。
    もし山梨にいらして、「かつ丼」が食べたい場合は、お店で確かめた方がいいでしょう・・・「煮てあるかつ丼ください」って言った方がいいのかも・・・
  • とんかつの豚肉を、肉たたきで思いっきりたたく方法は、東京のあるとんかつ屋さんの方法です。そこのとんかつは「はしで切れる」とか。「カツサンド」も柔らかくておいしいと評判のようです。
    ある勉強会で、そこの方から教えてもらいました。ほんとに思いっきりたたいて、ちゃんともとに戻して、形をととのえて、一度揚げてみてください。本当に柔らかくおいしくいただけます。
【野口料理学園】

468x60_1


§【ご意見、ご感想をお寄せください。ご質問もどうぞ。】  ichiban@kateiryouri.com


ホーム 月別 ジャンル別 今月のお菓子 今月のジュニア 今月の塩ひとつまみ 学園案内 ケーキ屋さん