今月こんげつのジュニア 2

●とりささみのチーズカツ

とりささみのチーズカツ

[材料ざいりょう]    -4人分にんぶん-

・とりささみほん
下味したあじ
  しお小さじ1
  コショウ少々しょうしょう
・とけるスライスチーズまい
ころも
  小麦粉こむぎこ
  たまご
あぶら
◎つけあわせ
  キャベツ、パセリ
◎トマトソース
  トマトケチャップ
  ウスターソース

[つくかた]

  1. とりささみはすじをとってから、「観音開かんのんびらき」にする。
  2. にくたたきでかたちをととのえ、塩、コショウをしておく。
  3. スライスチーズ1まいを2枚のささみではさみ、チーズがないようにかたちをととのえる。

  4. 小麦粉こむぎこ、たまご、パン粉の順番じゅんばんでフライのころもをつけ、15ふんくらいおく。
  5. あぶらを170〜180℃にねっして、衣が狐色きつねいろになるように揚げる。
  6. あついうちにってけ、キャベツのせんりをえる。

ちょっと一言、お母さんに

  • 最近のとりささみはすじの先端のかたい部分が切り取られた状態で販売されています。したがって、すじが肉の中に残された状態になっています。少し取り出しにくいのですが、すじの先端を取り除いた側を見ながら少しずつ切り開くようにしてすじの残りを取り除きます。
    すじを取り除いていくと、ささみが割れてしまいそうになりますが、気にしないでとってしまいます。くずれたささみを穴があかないように重ねるようにしてもとの形に整えてください。それから観音開きにしていきます。それをさらに肉たたきで軽くたたいて2本を2枚の二等辺三角形のようにのばしていきます。
  • チーズを2枚のささみではさみますが、チーズがささみの間から出ないように、ささみの穴からも出ないように、穴もしっかりささみの肉片でふさいでください。
  • 「チーズカツ」ですから小麦粉はうっすらとつけ、白身と黄身をよく混ぜ合わせた卵をくぐらせ、パン粉をつけ、5〜10分置いて、衣をおちつかせます。すぐ揚げるとパン粉が落ちやすいです。
  • 揚げ油は170〜180℃くらいで2分揚げ、返して更に1分揚げてください。
  • 揚げたてがおいしいですから、付け合せのキャベツを切って、皿に盛っておきます。もちろん、食事の支度もしておいて、ささみの中のチーズがトロリととけた状態で食卓に出して、すぐ食べることが大事です。
<これまでのジュニア>

【野口料理学園】


ウィメンズパーク トップページ トイザらス・ベビーザらス オンラインストア アラジンポイントシステム

ホーム 塩ひとつまみ 月別 ジャンル別 これまでのお菓子 学園案内 ケーキ屋さん