今 月 の お 菓 子

●キンカンの甘煮

キンカンの甘煮 [材料]  

キンカン500g
グラニュー糖250g
レモン汁大さじ2

[作り方]

  1. キンカンは水洗いして、竹串でヘタを取り除く。
  2. 包丁の刃元で縦に4〜5カ所、等間隔の切りこみを入れる。

    竹串でヘタをとる 刃元で切り込みを入れる

  3. 鍋に2を入れ、水をかぶるまで注ぎ、火にかけ、煮立ったら中火にして5分間茹でる。
  4. 鍋ごと冷めるまで流水を充てる(急激に温度が変化しないように少しずつ流水は流す)。
    さらに水流を弱くして10分くらいさらし、ざるに上げて水気を切る。

    かぶる程度の水 煮立ったら中火で5分 流水で鍋ごと冷やす

  5. 竹串2本で、切込みから種を取り出す。(種は1〜4個あるので、ていねいに取る)

    竹串で種をとる 取り出した種

  6. 鍋に5とグラニュー糖を入れて、混ぜ合わせ、グラニュー糖がしっとりするまで置いておく。

    グラニュー糖をかける しっとりするまでおく

  7. キンカンにかぶる程度の水を入れ、火にかける。
  8. 煮立ったら、あくを取る。

    水を加えて火にかける 煮立ったらあくをとる

  9. 弱火にして紙ぶたをして30分煮る。
  10. 9にレモン汁を加えて10分煮て、火からおろしてさます。

    あくがとれたら紙ぶたを レモン汁を入れる

  11. 保存ビンに入れる。

ポイントはここ

  • キンカンは、色が濃くて、ふっくらとしていて、傷のないものを選びましょう。熟しすぎにも注意してください。
  • 煮るための鍋は「耐酸性」を選びます(ホーロー、ステンレス、フッ素樹脂加工)。
  • 煮上がったものはお湯割りにして飲むと、風邪の予防になります。その時、邪魔にならないように、キンカンのヘタと種はていねいに取ります。
  • 最初に茹でたとき、急激に冷やさないように。キンカンにしわが寄るので注意してください。
  • 強火で煮ると煮崩れる心配があります。弱火で、キンカンが踊らないように、じっくりに含めます。アクもていねいに取ってください。
ちょっと一言
  • キンカンは、柑橘類の中で一番小さい種類で、旬は11月から4月までです。これから、風邪の季節です。お湯割りで風の予防に役立ててください。消毒した保存瓶に入れ、冷蔵庫で6ヶ月くらい保存できます。
<このページ最上段> <これまでのお菓子>
【野口料理学園】

§【ご意見、ご感想をお寄せください。ご質問もどうぞ。】  ichiban@kateiryouri.com


ホーム 今週のレシピ 月別 ジャンル別 塩ひとつまみ 今月のジュニア 学園案内 ケーキ屋さん